ゴキブリの侵入を防ぐ

洗面所に出るゴキブリの侵入経路を突き止め対策をしてみた

投稿日:

洗面所で一番怪しいのは、水道管・排水管まわりのスキマ

洗面所で見かけるゴキブリは、いったいどこから入ってくると思います。

一番可能性が高いのは、水道管や排水管周りのスキマです。

まずは洗面台下の収納の扉を開けてみて下さい。

水道管(水とお湯)と排水管の3本の配管が見えます。

そして、配管周りにスキマがないか確認してください。

写真のケースだと、若干のスキマはあります。

ただし、ゴキブリが侵入してくるほどのスキマではありません。

もし、これ以上のスキマがあるようでしたら「すきまパテ」でスキマを埋めるようにしましょう。

適量をちぎり、パテを手でまるめたり、棒状にしたりして充填箇所の形状に合わせます。

そしてスキマがないように、よく押さえつけて表面を鳴らすだけです。

ゴキブリの侵入場所は、洗面台床下でした

ゴキブリが侵入してくるのは、洗面台の床下です。

まずは排水管を外します。手で簡単に回すことが出来ます。

そして排水管を、スポッと抜いちゃいます。

排水管はただ、刺さっているだけです。

あとは、とめてあるネジを外します。

そうすると、床のベニアを持ち上げることが出来ます。

こんな風な状態になっているのです。

写真の両サイドに注目してみてください。

アップしてみました。

なにやら、黒いツブのようなものが見えます。

これはゴキブリのフンです。

やはり、この空間にゴリブリが潜んでたのです。

ということは、この付近からゴキブリが侵入してきたと思われます。

さて、どこからゴキブリが侵入してきたのか?

そうです。

水道管や排水管周りのスキマから侵入してきたのです。

このくらいのスキマであれば、体長3~4cmの黒光りしたクロゴキブリでも余裕で入ってくることが出来ます。

ちなみに、ダンゴムシの死骸も転がってました。

スキマを埋めよう

侵入経路が判明したので、あとは防ぐだけです。

侵入を防御するには、スキマを埋めてやればいいのです。

先ほど「すきまパテ」を紹介しましたが、もっと簡単便利なパテを見つけてしまいました!

なんとパテがテープ状になっているのです。

「すきまパテ」だと、コネコネしてスキマの形に合わせなければなりません。

でも、この「テープ状コーク」であれば簡単に、スキマの形状に合わすことが出来ます。

実際にテープ状コークでスキマを埋めると、こんな風になります。

手で捏ねないから、手を汚さず、簡単にすき間を埋めることが出来ました。

水道管だけでなく、排水管周りにもスキマがあったので、こちらも同様に埋めました。

これでスキマが塞がれたので、ゴキブリや害虫が侵入して栗ことはありません。

あとは外したのとが逆の手順で、戻していくだけです。

-ゴキブリの侵入を防ぐ

Copyright© ゴキブリ戦隊 ゴキレンジャー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.